四季の森空間blog

20170926

2017年防災訓練(2017.9.24)

8:00 自主防災役員のデジタル無線機のスイッチがオンとなり、防災訓練が始まる

川崎自主防災会会長から自主防災役員に在宅確認がなされ、災害対策本部設置の指示が出さ
れて訓練開始となる

8:15 防災倉庫前に自主防災役員が集合し、中谷防災管理者から指示が出て、必要な装
備を整える

8:30 副地区隊長が棟別プラカードのもと訓練参加者を号棟別に集列させ、会長が朝礼・
指示をする

003.jpg




8:35 本部等設置訓練が開始される

・テント立ち上げ
・対策本部立ち上げ
・炊き出し設備立ち上げ
・情報班立ち上げ




<テント立ち上げ>

010.jpg




014.jpg




<本部立ち上げ>

024.jpg





<炊き出し設備立ち上げ>

s-IMG_1766_R.jpg




017.jpg




023.jpg




<情報班立ち上げ>

022.jpg




9:25~9:30 安否確認/建物被害確認と情報集約

サイレンを鳴動させたあと、ハンドマイクで各号棟に向かって訓練を呼びかける

028.jpg




029.jpg




9:30~9:40 地区隊単位に集合し、地区隊長から各部屋の安否確認作業の指示を行う

026.jpg




<6号棟のみなさん>

034.jpg




<7号棟のみなさん>

032.jpg




<8号棟のみなさん>

033.jpg




<5号棟のみなさん>

035.jpg




9::30~9:40 地区単位に集合し、地区隊長から安否確認の指示がなされる

040.jpg




9::40~9:55 安否確認と建物被害確認の実施が始まる

047.jpg




一戸づつ安否を確認して回る

049.jpg




「無事です」のシールが出ていればOKだ

031.jpg




9::55~10:00 本部への報告を地区隊長が行う

048.jpg




10:00~10:10 本部では地区隊長の報告を集約し、本部長へ報告する








10:00~11:15 救命処置講習

円形広場に救命処置講習の会場が設定され、講師2名による講習が行われた


052.jpg




大勢が熱心に説明に聞き入る

055.jpg




そして実際にやってみる

077.jpg




そう、力を入れて押してね!

091.jpg




ちょっと照れるが、イザとなればやるしかない!

098.jpg








10:00~11:45 炊き出し・試食会




104.jpg




α米のおにぎりと非常食を用意した

s-IMG_1764_R.jpg






アンケート用紙を配布し、炊き出しの感想を書いて貰い回収して、情報班が回収した





113.jpg




105.jpg




106.jpg




108.jpg




114.jpg




115.jpg





11:45~12:00 終了式
安否確認報告<中谷防災管理者>

119.jpg




建物被害報告<尾崎さん>

120.jpg




志木市参加者の講評

122.jpg




全体総括<川崎会長>

123.jpg




かくして12:00に予定通り防災訓練は終わり、撤収作業に入った







以下は省略した画像です。挿入するものがあれば選んでください







004.jpg

005.jpg

012.jpg


018.jpg

024.jpg


025.jpg

036.jpg


037.jpg

038.jpg


039.jpg


043.jpg

044.jpg

050.jpg

054.jpg

056.jpg

059.jpg

060.jpg

068.jpg

073.jpg

074.jpg

076.jpg

078.jpg

079.jpg

082.jpg

085.jpg

089.jpg

092.jpg

094.jpg

100.jpg

102.jpg

112.jpg

117.jpg

s-IMG_1756_R.jpg

s-IMG_1758_R.jpg

s-IMG_1764_R.jpg

s-IMG_1763_R.jpg

s-IMG_1767_R.jpg

s-IMG_1769_R.jpg







スポンサーサイト

20170506

2017年春の陶器市

圏央道が開通して益子まで志木の自宅からは2時間半程度で来られるようになった。
6時に自宅を出ると8時30頃に着くので、まだ開店前の店もあり、今日は平日で
もありご覧の通り空いている。
mas010.jpg




このような壺も益子焼となのだろうか?
mas020.jpg

  


活けられた花がいい!
mas030.jpg




普賢象という八重桜
mas050.jpg


mas060.jpg




郵便ポストとして利用できるのかな?
mas070.jpg




不思議な焼き物?この類のものが随分と増えた
mas080.jpg







釉薬の誰具合がちょっと、どうかと思いますがねえ・・・
mas110.jpg





紙製品か焼き物か・・・
mas120.jpg





これぞ益子焼の柿釉だ!
mas130.jpg




ガラス製品もある。
そういえば、陶器以外のものが沢山出品されている
mas140.jpg



mas141.jpg

 


この日下田(ひげた)藍染工房藍屋の製品はみないい値段だね
江戸時代寛政年間(1789~1800)創業の紺屋だそうだ
昨年藍染めのTシャツを買った、8000円也
mas150.jpg



藍壺
mas151.jpg



展示台に惹かれてパチリ
mas160.jpg



花は造花なのが残念
mas170.jpg



益子らしい
mas180.jpg



つつじの赤がいい
mas210.jpg



石楠花
mas220.jpg



新緑とつつじが眩しい
mas230.jpg



屋外の展示品
mas240.jpg





招き猫なのだろう?
mas190.jpg





テントくんが犬を連れている
mas250.jpg





熊谷草は日下田藍染工房の庭に咲いている
熊谷草は熊谷直実、そして敦盛草は直実に討ち取られた平敦盛に因んだ日本を代表する野生の蘭である

mas260.jpg



昼過ぎには益子を後にして家路に向かったが、途中俄かにかき曇り激しい風雨となった。
途中、道の駅 「まくらがの里こが」 に立ち寄る。ここは農産物の品揃えが凄い!

「まくらがの里」は万葉集の
「痲久良我の 許我の渡の から梶の 音高しもな 寝なへ子故に」の枕詞で、この付近一帯を「まくらが」
と呼ぶことから名付けられたとある。 
                      
この歌の意味は「まくらがの古河の渡し舟の韓棹(からかじ)の音が高いように高い噂がたってしまたなァ
あの子と共寝したわけでもないのに」だそうです。
























20170201

平成29年 参友会新年会


全員が今年の抱負やら、去年の反省やら好き勝手に喋ったあと、

平岡さんのギター伴奏で懐かしい歌を皆で大合唱!

中谷さんは無伴奏で本領発揮!

(平岡さんのギターもエがったが・・・)

#SCF6932



属、森畑のデュエットはいづれも”戦前”の歌、戦後ッ子にはワカラナ~イ!

#SCF6933






名取さんのテノールは本格もの

#SCF6935




川崎さんの沢田研二、例によって踊り付き

#SCF6936

  



出口さんが灰田勝彦「鈴懸の径」をしみじみと且つ熱唱

#SCF6937




締めは属名誉会長のもと"関東一本締め"

属さんは益々元気です

#SCF6938



集合写真

どの写真かに全員がどこかに映っています、探してみて下さい

#SCF6939


#SCF6940


#SCF6941

8:30 閉幕しました

どうか今年もゴルフが出来ますように!

OBの古川さんも駆けつけて下さりました

皆さん、来年も元気で集まりましょう!



























20161013

ストックホルムは、なんといってもノーベル賞でしょう。
今年も日本人が受賞したとのニュースが旅行中飛び込んできた。

ノーベル賞の記念晩餐会がされる市庁舎である。
h51210.jpg





市庁舎の外庭
h51200.jpg





半ば紅葉した蔦で覆われている
h51100.jpg





h51110.jpg





その内部
h51120.jpg





これがその内部で”青の間”と呼ばれる。この階段を受賞者は降りていく
山中さんも王女をエスコートして降りた。
h51180.jpg




通常は何もない広場で、以外とこじんまりしている
h51181.jpg




2階部分が凄い「金の間」である
h51190.jpg




金箔で覆われている
h51170.jpg




壁の装飾も凄い
h51160.jpg




天井
h51150.jpg





木組みの天井も凝っている
h51141.jpg





h51140.jpg




ノーベルのレリーフ
h51130.jpg





穏やかな入り江である
h51220.jpg




市庁舎を出て市内観光をする
h51230.jpg






ストックホルムは人口75万のこじんまりとした都市で、幾つもの島から成り立っている。
Malaren(メーラレン湖)がバルト海と出会う場所で、沢山の湖、入り江、島が混在している。
h51240.jpg





大聖堂。ここで王の戴冠式などが行われる。
h51250.jpg





ここは島なので、周りは入り江の海なのです。
h51260.jpg




Finska kyrkan(フィンランド教会)
h51270.jpg




h51280.jpg




Järnpojke(アイアンボーイ)毛糸の帽子を被っているが、撫でると幸せになるとかで、ツルツルである。
高さ14cmの小さな像。
h51290.jpg




アイアンボーイの近くの植物
h51300.jpg




王宮の側面
h51310.jpg





衛兵が立っている
h51480.jpg






王宮の正面
h51340.jpg





ここも衛兵が守っている
h51320.jpg





王宮の内部の一部
h51500.jpg

大砲
h51330.jpg






Gamlastan(ガムラスタン・旧市街)
魔女の宅急便のイメージモデルの場所だとか。
h51350.jpg





h51360.jpg





飲食店、ホテル、雑貨屋が狭い通路を挟んで軒を連ねている。
h51370.jpg






旧市街のセブンイレブンと富士フィルムの看板のある間の坂道を上がれば王宮前の広場だ。
h51410.jpg





h51420.jpg




ノーベル博物館、レストランや売店、トイレまでなら無料で入れる。
h51450.jpg




山中さんのサイン入り椅子、レストランの入口直ぐの所にあった。
h51390.jpg




ここで昼食を食べた
h51430.jpg




無論、椅子へサインは求められなかったけど!
h51440.jpg




ノーベル受賞者がずらり、大江健三郎さんの顔もある
h51400.jpg




市庁舎前で衛兵の交代が行われる。長い長いお話のあとで。
h51460.jpg




h51470.jpg





王宮前の広場から海を眺める。
h51490.jpg




h51510.jpg





島巡りの観光船も多い。
h51520.jpg




坂の上の右手が王宮
h51530.jpg
































→ この頁の最初に戻る
→ HPの最初に戻る






















*******

20161012

ストックホルム運河クルーズ

クルーズはノーベル賞受賞者が宿泊するホテルの前から出航して、ここへ帰ってくる。
h0900.jpg




これが乗り込むクルーズ船である
h4c0120.jpg




乗り込む
h4c0130.jpg






狭い運河を進む、周りの公園の木々は紅葉している。
h4c210.jpg




黄色が多いが赤も少しは混じっている
h0810.jpg




東洋人はそう乗ってはいない
h4c0150.jpg




橋を潜っていく
h4c200.jpg




h4c210.jpg




狭い運河が暫く続く
h0800.jpg




水鳥も運河に遊ぶ
h0790.jpg




やっと広い海域に出た
h0820.jpg




h0840.jpg




軍艦が係留されている
h0850.jpg




大きな客船だ
h0860.jpg







帆船やヨットも係留されている
h4c280.jpg





h4c270.jpg




h4c250.jpg




広い場所では船もスピードを上げて走る
h4c240.jpg




h4c220.jpg





シリアラインの大型船が島影に見え隠れする
h4c230.jpg





クルーズを終えて下船する
h0890.jpg




























→ この頁の最初に戻る
→ HPの最初に戻る






















*******