四季の森空間blog

20140531



2014年の5月の終わりに赤城山に行ってきた。

赤城山には”赤城山”という山は無い。最高峰1828mの黒檜山と、駒ヶ岳、地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴ヶ岳、

長七郎山などからなる山々が総称して”赤城山”と呼ばれているからである。


今回は、黒檜山(くろびやま)に大沼から登り、駒ヶ岳に行くコースである。 


aka98.jpg
(前橋まるごとガイドHPより)



大体3時間ほどの行程である。大沼から黒檜山へ直登すれば、大沼の標高が1345mなので標高差483m

を一気に登ることになり、岩がゴロゴロしている登山道なので相当にハードである。

「熊出没に注意」との注意書きもある。写真以上に急傾斜の登りとなる。

aka01.jpg




aka02.jpg






途中視界は良くないが、猫岩の辺りまで登ると西側に眺望が開け、大沼や赤城神社が見えてくる。

aka06.jpg
 


aka03.jpg







ミツバツツジの紫が映える。

aka04.jpg







aka05.jpg












更に急坂の高度を稼ぐ。
連れの様子を見ながらだが、運動不足のこちらも結構辛い。

aka07.jpg






高度を稼ぐにつれて、湖面や赤城神社が相当下に見えてくる。1700mは超えただろう。

aka08.jpg









50分ほど登ると、山頂の分かれ道に着く。

標識が直立していないのでわかりづらい。風雪で傾いたのだろう。


aka09.jpg








ここから山頂へは少しの距離を僅かに昇るだけである。

1800mのこの辺り、木の芽もまだ芽吹いていない。

aka10.jpg









山桜の花が僅かに残っていた。

aka11.jpg









つつじが沢山の芽をつけたばかりだ。

aka13.jpg









真新しい看板が周囲の展望を説明している。

aka12.jpg









山頂近くに「黒檜大神」の鳥居と祠がある。

aka14.jpg









標識に沿って駒ヶ岳へ下りて行く。

aka15.jpg









駒ヶ岳からの道は、階段があったり梯子がつけられていて、黒檜への直登ルートに比べて良く整備されている。

aka17.jpg








右手に大沼や小沼が木々の向うに見え隠れする。

aka16.jpg



正面に地蔵岳が見える。

aka18.jpg









まだ花は殆ど咲いておらず、わずかにガマミズの白い花や三つ葉ツツジの花芽が時折現れるだけだ。
秋には真っ赤な実をこのガマズミは付ける。

aka19.jpg







aka21.jpg






aka27.jpg









左手には桐生方面の関東平野の雄大な景色が広がる。
我が家のベランダから赤城山が見られるが、おそらく見ているのは今こちらから見ている辺りなんだろう。

aka20.jpg









aka26.jpg









下りなのでどんどん距離が稼げる。

aka22.jpg









振り返ると今降りてきた黒檜山が聳えている。

aka23.jpg









赤城山の生成や活動などの説明看板。

aka24.jpg







aka25.jpg







aka28.jpg









駒ヶ岳へのルートにはこのような鉄の階段が設置されていて歩き易い。

aka29.jpg










今回の登山の目的はヤシオツツジだったのだが、これはまだ咲いていなかった。
これが多分シロヤシオツツジである。(白五葉躑躅)


白八汐は愛子様の御印であり、八汐躑躅は栃木県の県花である。

aka30.jpg


ヤシオツツジはシロ・アカ・ムラサキの三種類がある。
これは鈴鹿山脈の国見岳山上のアカヤシオツツジである。(Wikipediaより)

kunimi.jpg










大沼湖畔の県道251号線にまで降りると様々な看板が立てられている。

aka31.jpg





aka32.jpg






左が黒檜山、右が駒ヶ岳である。

aka33.jpg









ここにも桜が残っていた。

aka34.jpg









赤城神社

aka35.jpg






aka39.jpg

朱色が周りの緑や湖の青に冴えている。






aka40.jpg





詳しくはこちらのHPをどうぞ! 

→赤城神社HP





aka41.jpg






aka42.jpg









ツツジ、スミレ

aka36.jpg





aka37.jpg








上毛三山パノラマ街道(県道4号線) 脇にはレンゲツツジ、ヤマツツジなどが咲いている。

小諸から日光へ至る国道には「日本ロマンティック街道」などと妙な名前が付いている。もともと「ロマンティック街道」
はドイツのヴュルツブルクからフュッセンまでの街道の事で、「ローマへの巡礼の道」の意味だったものを、日本の旅
行業者が観光目的でもっぱら利用しているらしく、地元ドイツでは普遍的でなないようだ。外国の山の名前を付けて
”日本アルプス”だなどと呼称するのもおかしなものだ! 飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈でいいではないか?

aka43.jpg





aka44.jpg





aka45.jpg








赤城稲荷

aka38.jpg








大沼はワカサギ釣りで知られているが、ここのワカサギから福島原発からのセシウムが基準値を超えて検出され釣り
が禁止となっていた。

2014年3月に、群馬県は基準値を下回ったとしてワカサギの出荷自粛を解除した。ところが、このセシウムの量は2013
年頃から2014年2月頃にかけて横這いか増加傾向にあり、基準値ギリギリが継続していて、安全性が確保されたとは
とても言える状態ではない。

福島や近県の場合と同じで、経済的理由により、政治的判断で何もかもが原発事故を終わりにしようとしているだけ
なのである。これらの美しい光景の下には、目には見えず感じることはできないが、30年もの半減期を要する放射性
物質がばら撒かれているのである。






akaosen.jpg

(早川由紀夫の放射能汚染マップより)


帰路、県道4号線を前橋に向かって下って来て、畜産試験場前の交差点を右折して国道353号線に入って1kmほ
ど行くと道の駅「ふじみ」があり、そこに富士見温泉「ふれあい館」がある。ここは天然温泉であり、日帰り入浴や
食事・休息が出来る。 →富士見温泉「ふれあい館」HP

ここから関越道に入るには前橋市内を抜けるのが最短なのだが、信号も多く時間がかかる。そこで県道4号線を
青柳町交差点まで下ってきたら右折して国道17号線に入り、一旦渋川方面に1.5kmほど走って、荒巻町北交
差点で左折して県道161号線を直進すると駒寄PAに突き当たる。ここでスマートICを利用すれば関越道に入る
ことができ、前橋市内を抜けて前橋ICに至るよりも早い。


なお、畜産試験場前の交差点を少し登った右側にかって「俵萠子美術館」があったが、2008年11月27日、俵さん
は死去されて同年12月1日にはこの俵萠子美術館も閉館となった。俵さんはBH料理教室の雑誌にエッセイを掲
載されていて、いつかは訪れてみたいと思っていた美術館であった。

まだ5月の終わりだというに前橋市内の気温は32度にまで達していた。むろん1000mを超える山上は快適で
あった。できれば八汐躑躅が咲いている頃再訪したいものだ。 花目的の旅は難しい・・・。












スポンサーサイト

20140523


井戸端会議 - 井戸端会議

20140513


志木ニュータウン・近郊の花<春>


乙女桔梗 (ベルフラワー ) / 幸町
カンパニュラの仲間で、オトメギキョウとも呼ばれる。

otomekikyo.jpg



青梅 / 志木ニュータウン・へび山
いつの間にか青梅が実っている。

aoume.jpg

ブラシの木 (花槇、 カリステモン) / 志木ニュータウン・へび山 
オーストラリア原産

burasi.jpg




難波薔薇(ナニワイバラ) / ニュータウン中央の森参番街2号棟

DSCF3499(1).jpg



芹葉飛燕草(セリバヒエンソウ) / 富士見・山崎公園

seribahienso.jpg



郁子の花(むべ) / 富士見・みずほ台3丁目

mube(1).jpg


カロライナジャスミン / 志木市幸町3丁目・西原公園

DSCF3484(1).jpg



春撫子 / ニュータウン中央の森弐番街公園

春なでしこ




桜 / 富士見大崎公園

桜?



松月桜(ショウゲツサクラ) / 志木市柏町

syougetu.jpg



菜の花 / 富士見市水谷

菜の花


ヤマモモ / 富士見市竹間沢東公園 

やまもも



なんじゃもんじゃ / 新座市新座団地

なんじゃもんじゃ


灯台躑躅(どうだんつつじ) / 志木ニュータウン中央の森参番街 

どうたんつつじ


牡丹 / 志木市・幸町

牡丹



石楠花 / 志木市・幸町

resize0210.jpg


仏の座 / 志木市・幸町市民農園

keman.jpg


ムスカリ / 志木市幸町4丁目

muscari.jpg


庭梅 / 志木市柏町6丁目

niwaume.jpg


木瓜 / 志木ニュータウン志木ニュータウン中央の森参番街

FILE0005.jpg


連翹・雪柳 / 志木ニュータウン中央の森参番街


FILE0004.jpg


イヌノフグリ / 柳瀬川河原

DSC06890.jpg


紫大根 / 志木ニュータウン横へび山

DSC06849.jpg


サンシュウ / 志木ニュータウン中央の森弐番街

no6ark16.jpg


梅 / 所沢市城下の民家

no6ark17.jpg



no6ark05.jpg