四季の森空間blog

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20131106


7月 武蔵野の花

→ ページの最後に飛ぶには「Fn」キーと「End 」 キーを押す
→ ページの最初に飛ぶには「Fn」キーと「Home」キーを押す


7月には以下の花を載せています。
***********************************************************************
野村紅葉(濃紫)、プルメリア、木苺、匂番茉莉、台湾連翹

山百合、擬宝珠、夏野菜、ドクダミ、岩煙草、姫美女桜、壇特(だんどく)、草夾竹桃

虫取撫子、葛の花、朝顔、浜木綿、デイゴ、ハマナス、藤

ズッキーニ、石楠花、梍、ギボウシ、朝鮮朝顔

松明草、ごま、 ラズベリー、インド浜木綿、露草

ガザニア、夾竹桃、黄菅、百合、ゼラニューム、擬宝珠、珊瑚花

朝鮮紫苑(朝鮮しおん)

アガパンサス(紫君子蘭)、アベリア、要黐(かなめもち)、サフランもどき

蔓花茄子、露草、花石榴、牡丹臭木、半化粧(半夏生)

凌霄花(のうぜんかずら)、忘れ草(藪萱草)、紫陽花、深山柳、紅花一薬草

苔桃(こけもも)、インゲン、昼間月見草、印度浜木綿 (はまゆう)、かりん

ゆず、ブラックベリー、紅葉葵(もみじあおい)、藤、竜胆(りんどう)

はなつるそう、エキナセア (紫馬簾菊(ばれんぎく))、藪枯らし、グラジオラス、房藤空木

ゴーヤ、松葉牡丹、なた豆、霄葉蓮(のうぜんはれん)、百日草

朝鮮朝顔、山百合、百合、野萱草(のかんぞう)、紫陽花、アルストロメリア(百合水仙)

梅雨茸、蒲の穂、カンナ、姫檜扇水仙(ひめおうぎずいせん)、半夏生(はんげしょう)

鶏頭(けいとう)、ガーベラ、折鶴蘭、紫式部、禊萩(みそはぎ)

***********************************************************************
野村紅葉(濃紫) 初めから赤い紅葉
170701nomura.jpg


プルメリア(インド素馨)
170701plmeria.jpg


木苺
170701kichigo.jpg


番茉莉(匂番茉莉)<バンマツリ>
最初は紫に咲き、やがて白くなる。

banmaturi.jpg






台湾連翹(デュランタ・レペンス)
紫の模様の入ったものが有名

taiwanrengyo.jpg








草夾竹桃

1507kusakyochikuto(1).jpg

壇特(だんどく)

DSCF5104.jpg



姫美女桜

1506himebijyozakura.jpg



岩煙草

DSCF4982.jpg


ドクダミ

tok130.jpg





山百合

ran190.jpg



擬宝珠

DSC07937(1).jpg


夏野菜

DSCF3888(1).jpg


虫取撫子

DSCF2269.jpg





葛の花

7-01.jpg






朝顔

7-02.jpg






浜木綿

7-03.jpg






アメリカ梯梧(デイゴ)   

7-04.jpg







浜茄子

7-05.jpg






藤(不時開花)

7-06.jpg




7-51.jpg





ズッキーニ

これはかぼちゃ科のズッキーニ。
1.5mほども自由奔放に四方八方に成長して、
キューリの様なものから、南瓜そっくりの実を付ける。
でも花や葉や茎はやっぱりカボチャ。

7-07.jpg






石楠花

7-08.jpg








7-09.jpg
 





朝鮮朝顔

アメリカ朝鮮朝顔はダチュラ(Datura)と呼ばれるナス科の植物。
アメリカのメキシコ近くの原産らしい。種子は毛の生えた奇妙なものである。
        
同類に木立朝鮮朝顔があり、こちらはエンゼル・トランペットと呼ばれるよう
に色も形も美しい


7-10.jpg





松明草

7-11.jpg




7-12.jpg






ごま

7-13.jpg





インド浜木綿

正しくは「アフリカ浜木綿(アフリカはまゆう)」なのだそうだ。


7-14.jpg



7-46.jpg




7-45.jpg







ラズベリー

黒く熟さないと酸っぱくて食べられない。

7-15.jpg









ガザニア

勲章菊とも呼ばれる

7-17.jpg





夾竹桃

7-18.jpg






黄菅

7-19.jpg








百合

7-20.jpg


山百合

比企丘陵の『菅谷館跡』には山百合が多く咲く。

7-65.jpg


ここは山内・扇谷の両上杉軍の戦場跡である。

7-66.jpg



関東武士の誉れ高い畠山重忠はこの館に存した。

7-67.jpg


当初は平家に付くも、後には鎌倉の源氏に組し数々の戦功を
上げた重忠。

7-68.jpg


北条の策略に合い、42歳で生涯を終える。

7-69.jpg


重忠の無念さが乗り移ったかの如き百合の花。

7-70.jpg



7-71.jpg



7-72.jpg



7-73.jpg



7-74.jpg




7-75.jpg



7-76.jpg








ゼラニューム

7-21.jpg





擬宝珠

7-22.jpg



7-23.jpg







サンゴバナ(珊瑚花)

7-24.jpg







朝鮮紫苑

7-25.jpg








アガパンサス(紫君子蘭)

夏めいてアフリカンリリー涼やかに


7-26.jpg

アフリカンリリーの名前もある。
根が頑丈で台地にしっかり張るので、土砂流失防止のために
土手などに植えられることもあるらしい。
花は涼しげで、君子蘭よりも僕は好きだ。






アベリア

今日もまた アベリア匂う 夏の昼

7-27.jpg


アベリアは半年ほども咲く小さな花です。
空気汚染にも強いらしく、可憐にも排気ガス充満の道路沿いによく見かける。
和名は「花園衝羽根空木」(はなぞのつくばねうつぎ)。 白い花が多い。 









要黐(かなめもち)

鮮やかな 羽を広げた 要黐

7-28.jpg

遅れて芽吹いたのだろう、この枝だけに鮮やかなピンクの若芽が出ている。
要黐の若葉だろう?
調べてみると、若葉がピンクのチャンチン(香椿)という木が、他にもあった。










サフランもどき

7-29.jpg


サフランに良く似た擬(もどき)です。
だからサフランのような長い雌しべもありません。









蔓花茄子

梅雨明けと 藪の奥から 蔓花茄子

7-30.jpg

刺の無い茄子の花です。
最初は紫だが、時間の経過と共に白くなる。








露草

露草の 青さ増すかな 夏の朝

7-31.jpg


なかなか強い繁殖力があり、農家には厄介な雑草。岡山の田舎では
鎌に向かってくるほどの強い草と母親が嫌っていた。








花石榴

花石榴 熱き思いを 滾らせて

7-32.jpg








牡丹臭木

臆せずに 臭木の花の 満開や


7-33.jpg


枝葉に強い臭気があり、牡丹のような牡丹のような臭木ということ
で牡丹臭木。








半化粧(半夏生)

片方を残して塗るや半化粧

7-34.jpg


普通ハンゲショウは半夏生と書き、夏至から11日目辺りの7月2日頃を
さす。「田植えが終わり、稲が地にしっかりと根付くようにと願いをこめ、
しっかり地に付いたら離れない蛸を食べる習慣がある」そうだ、 主に関
西地区で。


半夏生(はんげしょう)
今年(07年)の半夏生は7月2日。

梅雨の末期のこの頃『天地に毒気が満ち、半夏生と言う毒草が咲く』の
だそうだ。夏至から11日目が半夏生の日。

関西ではこの日に蛸を、讃岐では饂飩を、福井大野市では焼き鯖を食
す風習がある。蛸を食べるのは、作物が蛸の足のように大地に広がり
豊作を願っての事。
  
写真はハンゲショウで、葉が半分化粧して白くなっている事から半化粧
と言われるのだろう。(全部化粧して全体が白いのもあるようですが)

7-85.jpg









凌霄花(のうぜんかずら)

凌霄花見上げる程に登りおり


7-35.jpg



凌霄花(のうぜんか)が、それにしても高くまで登ったものだ。
遥か頭上の松の枝まで届いている。

漢字では「凌霄花」と書く。
「凌」は”しのぐ”、
「霄」は”そら”の意味で、
つるが木にまといつき天空を凌ぐほど
高く登るところからこの名がついたとのこと。


7-36.jpg








忘れ草(藪萱草)

あれこれと多くを託す忘れ草


7-37.jpg


「忘れ草」として知られていて、平安の昔からいやな人や物事を忘れる時に
用いられたとか。別名は萱草(カンゾウ)。この写真の藪萱草は八重ですが
野萱草は一重咲きです。 一日草と言われるが、2日、3日と咲くものもあ
る。花芽は中華料理で美味しく食べられる。

中条きよしの「忘れ草」という演歌もあります。


 →忘れ草



紫陽花

紫陽花の萌黄色した一房や

7-39.jpg

萌黄色とは御衣黄(ぎょいこう)とも言い、昔、高貴な人の衣装の色だった。







深山柳

ふわふわの綿に包まれ峰柳

7月、富士山六合目辺りに深山柳、別名峰柳の種子が綿毛に包まれている。
6月ごろ、黄色の花穂をつけていたことだろう。

7-40.jpg






紅花一薬草(べにばないちやくそう)

富士山六合目で。

7-41.jpg






苔桃(こけもも) 

ハマナシの不老長寿の花咲きて

・これは苔桃(コケモモ)ですが富士山ではこれを「ハマナシ」と呼ぶ。

・このハマナシは富士山の五合目でしか自生しない不老長寿の実として珍重されている。

・この赤い実を生食の他、ゼリー、ジャム、果実酒、塩漬等として利用する

7-42.jpg






インゲン

7-43.jpg






昼咲月見草

7-44.jpg







かりん

7-47.jpg








ゆず 

7-48.jpg







ブラックベリー
果実は生のまま食べられるが、ジャムにして食べる方が適している。


7-49.jpg







紅葉葵
葉が紅葉のようである。花も切れ込んでいる。

7-50.jpg






竜胆
リンドウは秋のものですが、既に花屋に出回っている。

7-52.jpg






はなつるそう
多肉植物で葉に水分を蓄えている。

7-53.jpg





エキナセア
 日本名 紫馬簾菊(むらさきばれんぎく)
 北米原産。

7-54.jpg







藪枯らし 別名「貧乏葛(びんぼうかずら)」
 他の植物を枯らしてしまうほどの繁殖力。
 外来の「荒地うり」も物凄い繁殖力で、立木をも覆いつくして
 枯らしてしまうやっかいな植物。

7-55.jpg





グラジオラス

7-56.jpg






房藤空木

7-57.jpg







ゴーヤ

7-58.jpg






松葉牡丹

7-59.jpg






なた豆

7-60.jpg






凌霄葉蓮(のうぜんはれん)

7-61.jpg








百日草

7-62.jpg



7-63.jpg











野萱草(のかんぞう)
これは一重咲き。藪萱草は八重咲き。一日花で次々咲く。

7-77.jpg






紫陽花
一本だけ苔の上に咲いている。

7-78.jpg




アルストロメリア(百合水仙)
インカ原産、別名インカの百合とも。花持ちがよく切花に最適。

7-79.jpg






梅雨茸
梅雨の季語に使われる。梅雨の頃生える色々な茸。

7-80.jpg






蒲の穂

これを見ると、決まって『因幡の白兎』の話を思い出す。

7-81.jpg






カンナ

赤いカンナの花は、”お釈迦様を妬んだ悪魔がお釈迦様を傷つけて
流れ出した血を吸った土から生えた”とも言われるほど真っ赤。


7-82.jpg




赤の他、黄、白、橙などがある。

7-83.jpg




姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん)
  
クロコスミア、モントブレチアとも呼ばれる南アからの帰化植物で、今や
全国各地に分布。

花を乾燥してお湯に戻すとサフランの様な匂いがするとか。
葉が檜扇(ひおうぎ)の様なのと、ヒオウギズイセンよりも小さい事か
ら姫檜扇水仙の名前の由来とか。檜扇とは檜扇水仙の名のとおり、
ヒノキの皮で作った扇を開いたような感じのする花. 

7-84.jpg












鶏頭(けいとう):英語名も「cocks-comb」(鶏のとさか)
  花が鶏冠に見えるのは万国共通なのか。でも写真のような種類の花は
  鶏冠と程遠い。
7-86.jpg






ガーベラ:1900年頃南アフリカの金鉱山で発見され、その後品種改良
  されて世界中に出回っている。

  8/1、9/27、11/12の誕生花、因みに僕は8/1生まれなのだ。がしかし、
  花言葉は『辛抱強い・希望・常に前進』だそうな・・・。これは全くあては
  まらないではないか!

7-87.jpg







折鶴蘭(おりずるらん:南アフリカ原産)

  夏は直射日光を避け、冬は5℃以上で越冬。
  花言葉は集う幸福・守り抜く愛・祝賀だそうな。
  こんな花が咲くんだ!

7-88.jpg










紫式部:言わずと知れた紫式部に因んだ花。

  実は写真の花はムラサキシキブではなく、コムラサキらしい。ムラサキ
  シキブは葉全体に、コムラサキは歯の先端にだけ鋸歯が付く。      

7-89.jpg





禊萩(みそはぎ):盆花とも言う。
  私の故郷岡山県高梁地方では盆花として仏壇や墓に必ずお供えする。
  この花を供えて供養するのである。今年は長兄の四十九日でもあり、
  初盆でもあるので、きっとこの花を手向けよう。

7-90.jpg



→ この頁の最初に戻る
→ HPの最初に戻る




.......................................................................................
スポンサーサイト

comment

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。