四季の森空間blog

20131108


4月 武蔵野の花

花韮

DSCF4732.jpg





鈴蘭水仙

DSCF4733.jpg




沈丁花

DSCF4636.jpg





仏の座

DSCF4623.jpg





ラナンキュラス/花金鳳花(はなきんぽうげ)

Ranunculus.jpg





雪柳

DSC01041(1)(1).jpg






八汐躑躅

1504tutuji.jpg



芹葉飛燕草(せりばひえんそう)

seribahienso.jpg





郁子(むべ)

mube(1).jpg









山桜・高尾山5号路

s-DSCF3457.jpg


三つ葉躑躅・高尾山一丁平

s-DSCF3421.jpg




紅花八入(やしお)躑躅

八入躑躅は名前が色々とある。書き方も様々だ。

八入、八潮、八汐、八塩と書く。栃木県の県花となっていている。

「入」は染物を染料につける回数のことで、八入は何回も染め上げることの意だろう。
汐、塩、潮はどうしてかわからない。

赤八汐は赤城躑躅のことで赤八染とも呼ばれれる関西に多い曙躑躅の変種。
白八汐は五葉躑躅、紫八汐は深山躑躅のことである。




4-31.jpg



石楠花・高尾山口

resize0210.jpg






華鬘(紫華鬘)

keman.jpg






松月(しょうげつ)<松月桜とか野田大桜と呼ばれるバラ科の桜>

syougetu.jpg

ムスカリ

muscari.jpg


連翹

FILE0004.jpg


木瓜

FILE0005.jpg


庭梅

niwaume.jpg


片喰

4-01.jpg




酢漿草とも書く。黄色い花もある。


5-35.jpg





タンポポ

4-02.jpg




4-08.jpg



たんぽぽや ふわりふわりと かぜまかせ


5-41.jpg







紫鷺苔(むらさきさぎごけ)


4-03.jpg







セイヨーキランソウ(アジュガ)

西洋金瘡小草(せいようきらんそう)とか西洋十二単(せいようじゅうにひとえ)とも呼ばれる。 
幾重にも重なって花がさくので十二単と呼ばれる。

4-04.jpg








八重桜

4-05.jpg





カロライナジャスミン

DSCF3484(1).jpg






ヒヤシンス

4-07.jpg











石楠花

4-09.jpg



屋久島のシャクナゲは是非見たいもの。

4-64.jpg



李桃? 林檎かも?

4-10.jpg





花蘇芳
ハナズホウ(花蘇芳)、シロハナスホウは白い花をつける。蘇芳は赤色染料のスオウの色に似ている由。

4-83.jpg



4-11.jpg




長勝院旗桜
志木の長勝院旗桜は花びらの中に旗弁がある珍しい桜。

4-68.jpg




4-12.jpg





芝桜

4-13.jpg




木瓜



4-15.jpg





鬱金桜

4-16.jpg







椿

4-17.jpg







4-18.jpg




4-19.jpg




白椿

4-20.jpg






富貴草

4-21.jpg





2011年4月 中欧の旅で出会った花々

木蓮 (ザルツブルグのミラベル庭園)

4-22.jpg




姫踊り子草?



姫踊り子草






桜?

桜?







4-25.jpg








4-28.jpg





王冠百合

4-29.jpg










4-30.jpg












連翹

4-32.jpg








姫踊り子草


姫踊り子草










ゆすら梅

4-35.jpg





牡丹

牡丹




花水木

4-37.jpg




4-38.jpg


赤と白があります。アメリカへ桜を送ったお返しで送られて来たとか。

4-59.jpg







二輪草

4-39.jpg





白山吹

4-40.jpg



連翹と桜

4-41.jpg




白木蓮、桜

4-42.jpg






山桜

4-43.jpg





花桃

4-44.jpg






雪に見舞われた芝桜

4-45.jpg






トリトニア(あやめの一種)

4-46.jpg









なんじゃもんじゃ

なんじゃもんじゃ



春紫苑 (はるじおん)

4-49.jpg


ハルジオン 北米原産、観賞用が野生化した。白、淡紅色。
春に咲く紫苑(シオン)でハルジオンと呼ばれる。似たのに姫紫苑がある。


「春深く春紫苑咲き忍音(しのびね)聞く」

5-60.jpg



つつじ



4-51.jpg






春うらら蜜を求めて猫柳

4-52.jpg






山桜

4-53.jpg






きぶし(木五倍子)

 垂れ下がり春風吹いて木五倍子かな 

4-54.jpg




やまもも

 山桃や陽射し眩しき昼下がり

やまもも



黄梅

 待ちわびた庭に咲きだす迎春花

・黄梅、中国では旧正月に咲き出すので「迎春花」とも呼ばれる。

・写真は雲南黄梅です。これは枝が枝垂れます。

4-56.jpg






藤の若葉
昨年(07年)足利フラワーパークで購入したものです。若葉が出てきました。

4-57.jpg




チューリップ
やはり、春の花壇の花といえばこれです。あなたも幼少の頃描いたでしょ。

4-58.jpg



チューリップ、トルコ原産でオランダ改良され、投機の対象となり球根1個で
家一軒ものバブルを招いた。

4-77.jpg








春ナデシコ
冬からずっと咲いていますよ。春になって元気になってきた。

春なでしこ


オダマキ
この紫は藤の花と競うかな。

4-62.jpg





スギ
すこしでも触ると、白い花粉がわっと一面に広がる。花粉症の人には
にっくき存在。

4-63.jpg











ヤマブキ
「ほろほろと 山吹散るか 滝の音」

4-65.jpg





4-66.jpg

















紫華蔓(ムラサキケタン)
華鬘というのは仏殿の欄間などの装飾具のことです。

4-69.jpg





花大根
諸葛菜(しょかっさい)、紫花菜(むらさきはなな)とも言われる。

4-70.jpg



4-79.jpg






ハナカイドウ
食用として改良されたのがリンゴで、観賞用として育てられた代表種がカイドウとの

4-71.jpg







菜の花
この花が咲き、蝶が飛ぶと春本番!

菜の花





椿
大島の椿園は見事です。新潟の雪椿も耐えた感じがしていいもの。
「椿三十郎・黒澤 明、三船敏郎」の椿も印象的でした。

4-73.jpg




ヒマラヤ雪ノ下

4-74.jpg






山躑躅

4-75.jpg






蓮華
昔は田んぼはこの花で覆い尽くされたものです。

4-76.jpg










桜草
埼玉の秋が瀬公園に群生地がある。

4-78.jpg










ドウタンツツジ

どうたんつつじ




トキワマンサク

4-81.jpg





紅花トキワマンサク

4-82.jpg










ムスカリ

4-84.jpg




君子蘭


4-85.jpg






→ この頁の最初に戻る
→ HPの最初に戻る






......................................................................................
スポンサーサイト

comment

secret