四季の森空間blog

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170506

2017年春の陶器市

圏央道が開通して益子まで志木の自宅からは2時間半程度で来られるようになった。
6時に自宅を出ると8時30頃に着くので、まだ開店前の店もあり、今日は平日で
もありご覧の通り空いている。
mas010.jpg




このような壺も益子焼となのだろうか?
mas020.jpg

  


活けられた花がいい!
mas030.jpg




普賢象という八重桜
mas050.jpg


mas060.jpg




郵便ポストとして利用できるのかな?
mas070.jpg




不思議な焼き物?この類のものが随分と増えた
mas080.jpg







釉薬の誰具合がちょっと、どうかと思いますがねえ・・・
mas110.jpg





紙製品か焼き物か・・・
mas120.jpg





これぞ益子焼の柿釉だ!
mas130.jpg




ガラス製品もある。
そういえば、陶器以外のものが沢山出品されている
mas140.jpg



mas141.jpg

 


この日下田(ひげた)藍染工房藍屋の製品はみないい値段だね
江戸時代寛政年間(1789~1800)創業の紺屋だそうだ
昨年藍染めのTシャツを買った、8000円也
mas150.jpg



藍壺
mas151.jpg



展示台に惹かれてパチリ
mas160.jpg



花は造花なのが残念
mas170.jpg



益子らしい
mas180.jpg



つつじの赤がいい
mas210.jpg



石楠花
mas220.jpg



新緑とつつじが眩しい
mas230.jpg



屋外の展示品
mas240.jpg





招き猫なのだろう?
mas190.jpg





テントくんが犬を連れている
mas250.jpg





熊谷草は日下田藍染工房の庭に咲いている
熊谷草は熊谷直実、そして敦盛草は直実に討ち取られた平敦盛に因んだ日本を代表する野生の蘭である

mas260.jpg



昼過ぎには益子を後にして家路に向かったが、途中俄かにかき曇り激しい風雨となった。
途中、道の駅 「まくらがの里こが」 に立ち寄る。ここは農産物の品揃えが凄い!

「まくらがの里」は万葉集の
「痲久良我の 許我の渡の から梶の 音高しもな 寝なへ子故に」の枕詞で、この付近一帯を「まくらが」
と呼ぶことから名付けられたとある。 
                      
この歌の意味は「まくらがの古河の渡し舟の韓棹(からかじ)の音が高いように高い噂がたってしまたなァ
あの子と共寝したわけでもないのに」だそうです。
























スポンサーサイト

comment

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。